行政書士鎮西法務事務所

永住許可、申請代行なら大阪市の【行政書士鎮西法務事務所】にご相談下さい。

業務内容:国籍取得届等手続
Information

行政書士鎮西法務事務所
〒538-0032
大阪府大阪市鶴見区安田4-9-7
タウンコート鎮西202

大阪市で行政書士をお探しの方は【行政書士鎮西法務事務所】へ。永住許可の申請代行ならお任せ下さい。
ご相談お待ちしております。

06-7182-8850
facebook

トップページ > 業務内容:在留資格認定証明書交付申請

在留資格認定証明書交付申請

  • 在留資格認定証明書交付申請

    在留資格認定証明書とは、日本へ上陸しようとする外国人の活動が上陸を許可するための条件に適合しているかをあらかじめ法務大臣が審査し、その条件に適合していると認められた場合に法務大臣が交付する証明書のことをいいます(出入国管理及び難民認定法(以下、法)7条の2、出入国管理及び難民認定法施行規則。(以下、規則)6条の2)

    外国人が日本へ上陸する際には、原則として、査証(ビザ)の記載のある有効な旅券(パスポート)が必要となります。ビザの発給は、その外国人が本国において日本大使館や領事館などへ申請して行いますが、直接それらの場所へ申請をしてもビザの発給までには長い時間がかかります。しかし、在留資格認定証明書が交付されている場合には、この原本を持って日本大使館や領事館などへビザの発給申請をすると発給までの時間を短縮することができるというメリットがあります。
    もっとも、在留資格認定証明書が交付されているからといって、必ずしもビザが発給されることを保障するものではありません。大使館等で面談を行い、入国目的に疑義が認められる場合など、例外的ではありますがビザが発給されないこともあります。

    在留資格認定証明書交付のための要件としては、原則として上陸許可条件をすべて満たすことが必要となります。具体的には、以下の5つが挙げられます(1・2・3につき法7条の2第1項、7条1項2号、4・5につき規則6条の2第5項,法7条1項1号、3号、4号)。

在留資格該当性が認められること
2)日本で行おうとする活動が虚偽でないこと
3)上陸許可基準を定めた基準省令に適合すること
4)在留期間の相当性
5)上陸拒否事由がないこと

在留資格認定証明書交付の申請は、申請人又は申請取次ぎを行う者が、申請人の住む場所を管轄する地方入国管理局へ申請をする方法で行います(法7条の2、規則6条の2)。